MENU

「子宮内膜症」と診断された日①~病気を疑う~

こんにちは、しげちゃんです☺
2人の娘を育てながら営業&記者の仕事をしている、いわゆるワーママです。

[chat face=”IMG_0007.jpeg” name=”しげちゃん” align=”right” border=”none” bg=”yellow” style=”maru”]Twitterやってます!よければフォローしてください♡
@shige_smile123[/chat]

今日は私がまだ独身の頃、「子宮内膜症」と診断された日のことをお話します。

目次

子宮内膜症ってなに?

そもそも、子宮内膜症ってなに?という人も多いと思います。

子宮内膜症とは。
本来は子宮の内側にしか存在しないはずの子宮内膜組織が、子宮以外の場所(卵巣、腹膜など)で増殖、剥離(はくり)を繰り返す病気のこと。
http://www.mochida.co.jp/naimakusho/sp/disease_about.htmlより引用

子宮内膜症になる原因ははっきりとわかっていないそうなのですが、女性ホルモンが関係していると言われています。

子宮内膜症はできる場所によって名称が変わり、「卵巣チョコレート嚢胞」などが有名です。

自分が子宮内膜症と診断される前は、この病気のことなど全く知りませんでした。
「生理痛?何それ?」といった感じだったので(;^_^A

私が他の人にこの病気のことを説明するとき、一番伝わるのが
☟☟☟

[chat face=”man1″ name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]『子宮の中に傷ができて、それがかさぶたの状態になった時にまた≪ガッッッ‼≫ってひっかいちゃっていつまでも傷が治らない。
なんやったらひどくなっちゃう感じ。
≪ガッッッ‼≫ってひっかいちゃう=毎月の生理のことね。

だから生理の度に痛くなったりしんどくなったりするねん』[/chat]
 

☝☝☝
でした。『いつまでも傷が治らない』というのはつらいね・・・・。
と、みんななんとなく子宮内膜症のつらさをわかってくれていたように思います。

 

いつもの生理と違う・・・・・

 

そもそも生理痛があまりなく、血の量も至って普通で

「あ、今日生理の日だわ…憂鬱…」など思ったことがなかった私。
ところがある日、いつも通り生理が来たと思ったら布団から起き上がれなくなりました。

全然起き上がれない…。

 

「あれ、おかしいな…。なんでこんなしんどいんやろ…。」

と思いながら、布団でしばらく寝込んでいました。

これが一回だけだったら気にも留めなかったのですが、2,3か月経っても同じように生理の時は寝込むようになってしまいました。

 

絶対おかしい・・・・・。

 

その当時まだ実家にいたので母親に相談したら、産婦人科に行ってみたら?
と言われました。

まだ結婚もしていないし妊娠もしてない20代前半の私。
産婦人科に行くことが少し恥ずかしく思う気持ちもありました。

※きっと同じ気持ちの人がいるはず…‼

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる